「ガールズ&パンツァー」を紹介したい。通称「ガルパン」
俺が初めて購入したブルーレイディスク作品だったりする。この作品は人気を呼び劇場アニメ化や実在する舞台である大洗の「アニメで街興し」的な話題等で一般の新聞やニュースでも取り上げられている。

現在は「最終章」が名付けられた最新シリーズを劇場公開で展開している。
その始まりであるTVシリーズについて想いのままに書いて見ようと思う。続きを読む

06
「三浦建太郎」原作のタークファンタジー漫画。
アニメ化もTVを2度映画化やゲーム化もされている人気作。俺がこの作品の存在を初めて知ったのが1994年だからもう25年以上連載が続いている事になる。いやはや。

CGを使わない緻密な描写と背景も売りの一つであるが、最近は連載のペースもかなり落ちてしまいネットでは「作者は生きてる内に完結出来るのか?」と囁かれる程である。
続きを読む


俺がTVゲームに興味を持つ様になったのは幼馴染のトシヒロ君(仮名)の影響だ。年齢は俺より一つ上。純粋な日本人なんだけどアメリカ人みたいなハーフ顔で快活な奴だった。「仮面ライダーカブト」時代の「水嶋ヒロ」に少し似ているかもしれない。
いつも面白い情報を仕入れて新しい遊びを教えてくれたんだ。

続きを読む

05

「俺が俺にクラウドファインディング!」やんわりだ!自分に投資ってか!
ちなみに上の台詞は敬愛するMEGWIN調で再生して欲しい。
春の園遊会で羽生選手と将棋の羽生氏がお互いの活躍を知って握手したんだってさ。
俺の中で羽生といえばゲーム「サイレン」の「羽生蛇村」しか浮かんでこない。
「サイレン」のナンバリングタイトルが「プイステーション3」で発売されないかと期待したんだが駄目だった。「グラビティデイズ」もいいけどさ「サイレン」の新作も是非頼むよソニーさん!

季節の変わり目、暑くなったり寒くなったりとコロコロ変わるが皆さん体調の方は大丈夫だろうか?俺は先日部屋の中をパンツ1枚で着る物を探していたらあっさり風邪引いてしまったよ!
今は回復したけどね。
続きを読む

04

高見広春の原作小説を漫画化。通称「バトロワ」
当時この作品全巻をブックオフの100円コーナーで揃えるというマイルールを勝手に作り実行。2年程かけてチマチマ全巻揃えた思い出がある。
ちなみに現在ブックオフでは買い取り不可だ。在庫多いんだろうな。どこでも見かけるし。

当時、深作欣二監督が映画化しその内容から国会でも取り上げられ注目を浴びた。
2017年に発売されたオンラインゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」はこの映画版の方を参考にして制作されルール等に類似点が見られる。
俺は遊んだこと無いけどね。続きを読む

↑このページのトップヘ