14
原作:恋緒みなと「スターオーシャンセカンドストーリー」のキャラクターデザインやヤングマガジン連載の「RiNGO」等が有名かもしれない。



冴えない主人公のアパートに突然女の子が現れて同棲し始める所謂「ああ女神さま」系漫画。
成年誌「ペンギンクラブ」に連載されていたが殆ど過激な描写は無い。



続きを読む


1985年コナミから発売された3Dアクションゲーム。
MSX版が先に発売され、ファミコン版はその移植となる。



記事を書く法則として俺が実際に購入したソフト順で紹介している。
これの間にも当時友人達が所有していた他のゲーム等で遊んでいるんだけどそれも含め書くとなると時間が足りないからだ。ご理解頂きたい。
続きを読む

12
作・久住昌之(最近だと孤独のグルメで有名)漫画・久住卓也



久住兄弟のユニット「Q.B.B」が放つ、毎度扉で「一生で一番ダサい季節」の謳い文句を掲げこれでもかと男子中学生の生態を描く。今風で表現するなら「中学生あるあるネタ」である。
続きを読む


現在活躍するゲームクリエイターに多大なる影響を与え遠藤雅伸の名を世に知らしめた
超有名シューティングゲーム。



ゲームセンターの無い田舎町だったので先にアーケードで人気を博しているゲームは「ファミリーコンピューター」で初めてのプレイする事が非常に多かった。「ゼビウス」もその一つである。俺にとって全て逆の位置で購入すべきだったゲームでもある。続きを読む

11
原作:カリブ・マーレイ 漫画:木崎ひろすけ 1巻表記だがこの後に続刊はない。



打ち切り等ではなく漫画担当の木崎氏が2001年に亡くなったから。
過去に一目惚れした絵柄の一つだ。続きを読む

↑このページのトップヘ