若干涼しくなったものの、まだまだ暑さは健在。勘弁してくれ。



さて「どうしようもなく恋愛(ラヴ・アフェアーと読む by村井麻里子)」な「日高」に今回も焦点が集まる「ハイスコアガール」第七話の感想始まるよ~。
続きを読む

   
格闘ゲームブームの当時「カプコン」派か「SNK」派かと妙な派閥があった気がする。
俺は最初は「カプコン」派だったんだけど徐々に「SNK」派になっていったけどね。



漫画でもそうだけど魅力的なキャラクターは重要な訳で「SNK」はバランス、システム面では多少雑な部分があったがキャラクターでは群を抜いていた。



「リュウ」よりも「テリーボガード」の方がどこかにいそうなんじゃないかって思う程だ。そんな事を思い出しつつ猛暑も弱まった辺りに放送された「ハイスコアガール」第六話の感想を始めよう。
続きを読む


さて今回はのっけから青春文学ロックバンド「BURNOUT SYNDROMES」が「ハイスコアガール」へのトリビュートソングとして作ったこの曲の紹介。



その名も「ハイスコアガール」うーん格好良くて唯一無二な名曲だろう。PVも8bit風ゲームな内容で細かい演出がイカス!歌詞をアニメ用に変更しつつのオープニングにでも全然有りだなと思う。「大野」でも「日高」でも似合うと個人的に思っちゃうよ。


そういや誰かが「篠原涼子」の「愛しさと切なさと心強さと」をオープニング曲に推していたが今後の「日高」に歌詞の内容が合ってる気がするな。そんな昨今、皆さん如何お過ごしだろうか?猛烈に「日高」のターンな「ハイスコアガール」五話の感想行ってみよう。
続きを読む


つい最近「プレイステーション4」を手に入れた俺です。
初期型を中古で。え?新型?PS4PRO?欲しかったんだし、これでいいんだもん!



そしてPS4には「アーケードアーカイブス」なる過去の名作アーケードゲームが販売中。
俺のマイフェバリットシューティングゲーム「コナミ」の「A-JAX」も揃っていて800円で遊べてしまう。



星の数程あるシューティングゲームでマイベストBGM「COMMAND 770」が家で聴き放題って訳だ!とはいえ俺は過去に「X68000」版でしこたま遊んでしこたま聞いたから、ホント良い時代になったもんだよな!そんなこんなで「ハイスコアガール」4話の感想いってみよう。



続きを読む


1986年に「テクモ」が発売した「ファミリーコンピューター」第一弾ソフト。



元はアーケード版で発売されていた「ボンジャック」に家庭用要素を追加しての移植となる。
「ゲームセンターCX」等でも大々的に取り上げられ当時を知らないゲームファンにも名が知れ渡る。
続きを読む

↑このページのトップヘ