さて今回はのっけから青春文学ロックバンド「BURNOUT SYNDROMES」が「ハイスコアガール」へのトリビュートソングとして作ったこの曲の紹介。



その名も「ハイスコアガール」うーん格好良くて唯一無二な名曲だろう。PVも8bit風ゲームな内容で細かい演出がイカス!歌詞をアニメ用に変更しつつのオープニングにでも全然有りだなと思う。「大野」でも「日高」でも似合うと個人的に思っちゃうよ。


そういや誰かが「篠原涼子」の「愛しさと切なさと心強さと」をオープニング曲に推していたが今後の「日高」に歌詞の内容が合ってる気がするな。そんな昨今、皆さん如何お過ごしだろうか?猛烈に「日高」のターンな「ハイスコアガール」五話の感想行ってみよう。
続きを読む


つい最近「プレイステーション4」を手に入れた俺です。
初期型を中古で。え?新型?PS4PRO?欲しかったんだし、これでいいんだもん!



そしてPS4には「アーケードアーカイブス」なる過去の名作アーケードゲームが販売中。
俺のマイフェバリットシューティングゲーム「コナミ」の「A-JAX」も揃っていて800円で遊べてしまう。



星の数程あるシューティングゲームでマイベストBGM「COMMAND 770」が家で聴き放題って訳だ!とはいえ俺は過去に「X68000」版でしこたま遊んでしこたま聞いたから、ホント良い時代になったもんだよな!そんなこんなで「ハイスコアガール」4話の感想いってみよう。



続きを読む


1986年に「テクモ」が発売した「ファミリーコンピューター」第一弾ソフト。



元はアーケード版で発売されていた「ボンジャック」に家庭用要素を追加しての移植となる。
「ゲームセンターCX」等でも大々的に取り上げられ当時を知らないゲームファンにも名が知れ渡る。
続きを読む


巷ではタイミングよく「NEOGEOミニ」が発売された様だが皆さんは購入されただろうか?
あのMVS筐体型の本体では基本遊ばずHDMIケーブルを使い大画面で対戦するのだろう。
どうだい!?俺の予感は当たるぜ?極稀に。




そんなこんなで暑い日が続くが夏といえばゲーセン!そして格闘ゲーム!個人的に「キングオブファイターズ」となるのだが、それはまたいずれ。



時代は1991年。まだ「SNK」から「餓狼伝説」さえも出ていない。そんな格ゲーブームの波が起こる寸前の話。今週も「ハイスコアガール」3話の感想、行ってみよう。
続きを読む

98
「講談社」発行の「ヤングマガジン」にて様々な漫画家が思い入れのある映画作品を読み切り作品化する企画だったと思う。



後に纏められて「映画マンガ大全集」というタイトルで単行本化した物。映画のストーリーをそのまま漫画化したのではなく、独自の解釈で再構築している。元ネタを知っていると2度楽しめる内容だ。今回は「映画マンガ大全集2」の巻末に収録されている「タクシードライバー」を紹介しよう。



監督「マーチン・スコセッシ」出演「ロバート・デ・ニーロ」の超有名映画「タクシードライバー」をモチーフにして漫画家「すぎむらしんいち」が読み切り漫画を描いている。個人的にこの「映画マンガ大全集」の中で一番お気に入りな漫画であり原作の映画も大好きだったりする。
続きを読む

↑このページのトップヘ