1985年「ハドソン」から発売した「ファミリーコンピュータ」用カセット。
「100画面もある広大なMAP」等を売り文句にしたアクションアドベンチャーゲームだ。
「ファミコン」ブームが加熱する中「コロコロコミック」と企画連動した「ハドソン」の人気は凄まじく新作ゲームの紹介記事は情報が本しか無い当時の子供達にとって「ハドソンならどんな物でも絶対面白いはず」と期待値を勝手に上げ高まる物ばかりであった。
しかし子供ながらに「バイナリィランド」や「プーヤン」というラインナップに「なんでこれ?」と薄っすらと疑問を感じていたのは確か。

ストーリーは考古学者である「チャレンジャー」(名前?)が悪の組織「ブラッディワッカー」のボス「ドン・ワルドラド」に拐われた「マリア姫」(どこの国の姫かは不明)を救出する為に単身広大な敵地「ワルドラ島」(ダジャレ?)に殴り込みに向かう。

基本操作は移動にジャンプ。(1面は「しゃがむ」の追加」「噴水ステージ」「最終ステージ」は左右2方向)武器は投げナイフのみ。(ナイフの射程は無限。画面端まで届く)
各ステージには時間制限がありタイムオーバーになると1キャラ失う事になる。
「列車ステージ」「噴水ステージ」「最終ステージ」は敵に触れると一発でアウト。
「噴水ステージ」では移動先の足場が狭く噴水上から落ちるとアウト。
自機のジャンプ力性能はあまり優秀ではないので一定の高低差が開いてしまった際に飛び移ると届く事が出来ずに落下してしまう。これもアウト。
「ワルドラ島探索ステージ」は4方向に移動出来る様になる。
このステージのみライフゲージが表示され、無くなるまで敵に触れてもダウンしない。

「ワルドラ島」に上陸した際に敵を外さず連続で倒すと「パワーソード」か「パワージュエル」がランダムで出現。これにナイフを当てるとそれぞれ効果が発揮する。
どちらも触れると「チャンレンジー」がダメージを受けてしまうのでナイフを投当てて効果を発動させなければならない。両アイテム共に画面内に出現させたままにしておくと「チャレンジャー」のライフが徐々に回復する効果がある。

※「パワーソード」:自機の色が変化し一定時間移動スピードが早くなる。
 通常のナイフでは倒せない「門番ガイコツ」や「火の玉」の敵も倒せる様になる。

※「パワージェル」:画面上に居る全ての敵を一瞬で消し去る。
 アイテムさえも消し飛ばしてしまう。

※お助けキャラ:「まっとうくじら」無害だが触るとダメージを受ける。
パワーアイテム同様画面上に表示させて置くと自然に「チャレンジャー」のライフゲージを徐々に回復してくれる。倒す事も出来、ザコ敵が近場に居ない時は「まっとうくじら」をわざと倒してパワーアイテムを出現させるテクニックもある。「wiki」を見るまでずっと「マッコウクジラ」だと数十年思い込んでいた奴~!ダッセー!誰よ?俺です。

このゲームに当時は燃えた。カタルシスがあって良いんだよ。
ステージ1で最初の姫が列車にて連れ去られるんだけど、「ドン・ワルドラド」を追い詰めても結局絶対に列車から突き落とされて(演出)のクリアーとなる。これが良い。
これが有るからボス打倒の気持ちが高まっていく。
列車の上で戦うというシチュエーションが個人的に最高。
BGMは「シューベルト」の「軍隊行進曲」をアレンジ。これが勇ましくて心踊ってしまう。
特急列車「メタモルフォセス号」の名前とデザインセンスもかなりカッコイイ。

当時漫画「ファミコンロッキー」にて列車の先頭で「ドン・ワルドラド」に16発ナイフを当てると最終ステージにワープする裏技を描いた。実際連射装置などを使っても無理だったのだが、近年ゲームが解析されその裏技は状況等を揃えた上で一応データとして可能ではある事が判明した。

とにかく「ワルドラ島探索ステージ」がベラボーに広い。
進行ルートを覚えない内は時間切れになる事もしばしば。砂漠や岩場、誰も住んでいない空き家地帯、妙に近代化している地帯等かなり広大。
途中洞窟に入り3種のアイテムを確保しておかないと最終ステージで積むので確実に揃えておこう。

このゲーム、俺は1面の列車ステージが一番好きなんだけど「ジャッキー・チェン」等のアクション映画が好きなんで障害を越えながら辿り着く様が良いんだよねぇ。
しかも女の子助けに行くんだぜ?燃えるよな!?

まさに寝る前に想像する「修学旅行中にテロリストに占領された列車で普段クラスでは目立たない俺が実は一人犯人達に対抗出来る能力を持ち合わせ活躍する妄想」勿論自分の片思いの女の子とか可愛いんで人質に囚われちゃうわけよ!
やっべー!んで、客室見張りのテロリスト共をジャッキー張りのアクションで軽く倒して周りの皆に驚かれちゃうワケさ!そして的確に逃げる事を引率の先生とかに指示を出して避難させ単身操縦室に向かっちゃうの。BGMは勿論「英雄故事」な。

3,2,1アクション!かーっ!捗るわ~!おい、山が邪魔!AD動かして!(世界の黒沢?)

このソフトは友人から格安で購入した。なぜなら俺の場合は中身むき出しのロム基盤のみだったから。
発売から結構経ってて1500円位で譲ってくれた。
普通プラスチックのケースにロム基盤がおさまっているんだけど、何故そういう状態になったかは事情は知らないけどプレイに弊害はなかった。
流石にむき出しの基盤なので取扱いには注意だったけどね。
難易度も選べるゲームで慣れると最高難易度でずっとクリアをしていたと思う。

当時小学生の俺は親に本体を隠される事が多く、ゲームで遊べない時が多々あった。
なので厚紙でナイフを何本も制作しそれを持って一人「チャレンジャー」ごっこをしていたのを覚えている。勿論紙なので殺傷能力は無く逆に刺したら紙の方が破損する。
投げてもまっすぐ飛ばないという仕様でお母さまも安心して子供に与えられる代物だ。
一人投げては拾って投げては拾ってと傍から見ればかなりアホらしい姿だ。
「チャレンジャー」のBGMを口ずさみながら年末の夕方に田畑のあぜ道を駆け回っていたのを思い出す。なんでそんな遊びしてたんだろうか?
たぶん俺も「チャレンジャー」に憧れ、そうなりたかったんだろうな。






安易なリメイクでは出してほしくない。
8Bitの「ファミコン版」仕様にステージや新たな要素を追加したバージョンで遊んでみたい。
「Iアプリ」でリメイク版が出てるけど、違うんだよな~。
エンデングとか付け加えて欲しいと願いつつ、厚紙でナイフ作っちゃうか?!