7月になり猛暑も続く中皆さん如何お過ごしだろうか?人は時として目の前に立ちはだかる「山」へと挑まなければならない。いや迂回や止める事だって出来るよ?だけど、そうじゃないんだ!分かるだろ?分かれよ!分かんねーか!?なら仕方ねぇ。そんな訳で今回は以前から気になっていた「ペヤング ソースやきそば超超超大盛GIGAMAX」を購入。
そのレビューを記したいと思う。


ふらりと立ち寄った「イオン」系スーパーの棚にその「山」は3段位に積まれていた。
価格は約400円・・・・400円っ!
箱は全体的に白く、そのパッケージの表記ロゴはまるでパソコン始めたてな社員が「ホームページビルダー」で作成したみたいなチープさに感じる。そしてデカイ。「ペヤング 超超超大盛GIGAMAX」という山、それが3段4つ並びで棚に鎮座していた。俺にはその白さが雪が積もりまさにそびえ立つ山々の印象を受けた。(これは個人の感想で感じ方には個人差があります)
まさに「震える山」(BGMは勿論ノリス・パッカードのテーマ「Ⅶ」でお願いしたい)
 
しかし在庫はあまり減ってはいなかった印象。なんだよ、発売から1週間もまだ経ってないだろ?まぁ品薄で買えないよりは良いか。家族向けスーパーなので不似合いな商品なのかもしれない。というか、家族で登る山じゃねーって事だな。もう始まってんだよ!

01
手に取ると確かにデカイ。開封前に手に持った重量もなかなかだ。
「超」の文字も3つ並んでいる。
片膝着いて手裏剣ポーズの「モーニング娘。」の歌を連想してしまう。
前面に1日のカロリー摂取基準の警告がある。
「ペヤング超大盛り」を何度も制覇している俺でも身構えてしまう。
02
画像はパッケージを横から見た状態。サイズ比較として栄養ドリンクの瓶を置いてみた。
弁当箱を通り越して食べ放題とかにある業務用のアイスクリームが入ってそうな「タッパーウェア」を連想する深さと大きさだ。

03
通常の「ペヤングソース焼そば」を食べた事がある方ならお馴染みの3種アイテムが同封。
上から「スパイスと青のり」「焼そばソース」「かやく」となっている。
画像では分かりにくいかもしれないが実際は通常の物よりも数倍の量である事。
こいつらが今回の登山の手助けをしてくれるかどうか未知数だ。
逆に牙をむく可能性も十分にある。
そう、油断してると根本からザクリだ。(なにが?)
066
蓋を開け、麺の量を確認。まだ遠目の景観なので双眼鏡で眺めている感じだ。
通常の「ペヤング」1個分よりも量は多く形状も厚くなっている様に思える。
これが2個並んで入っている。
更にお湯は1300ml必要なので準備の際は量に注意しよう。
04
お湯を入れて3分。今回俺は大きさからお湯の浸透も考えあえて5分にしてみた。
麺が少し伸びていて見た目のボリュームが更に拡大している様にも感じるが気にしない。注意して欲しいのが「ソース」等を取り出す際にあまり大きく開けない事。
早くも山は牙を向いてくる。
湯切りの際水分を含んだ麺が過重状態を作り蓋のみでは支えきれない状況になったからだ。
この量が流しにダバっと盛られる状況は是が非でも回避したい。慌てる状況になると湯切りの最中にお湯や熱くなっている容器で火傷もしやすいので持ち方等も注意しよう。
4545
同スーパーで割引されていた「野菜パック」を購入していた。
今回の登山アイテムの一つだ。
この「超超超大盛GIGAMAX」に追加ロ投入してしまおうという考えだ。
不足しがちな野菜を盛り盛りで食べて見たいと思う。
とはいえ、焼そばの準備をしている最中にこれより小さめのサイズな「野菜パック」もあったのだが徐々にそれにすればよかったかもと若干後悔した。
09
先程の「野菜パック」を全部投入。まさに山盛り状態。
「野菜も食べなさいよ」とは絶対に言わせない状況を作り上げ一人悦に浸る。
しかし冷静に考えて「量的に自分から標高を高く上げているのでは?」という一抹の不安が脳裏に過るが、そこは現実を考えない事でひとまず推し進めよう。山でもどこでも何事も考えは前向きに、だ。
46
野菜を盛り合わせた後分かるが圧倒的にソースの量が足りない。
ここで今回俺の登山アイテム「ウスターソース」こいつを野菜にかけて絡ませる。
更に卓越した者なら「マヨネーズ」も有りだ。その他にコショウや味を変えるカレー粉、七味唐辛子等を好みで追加するのも良いだろう。しかし想定のカロリーを大幅に越えてしまうので健康的には「諸刃の剣」だったりするから注意だ。死んだらもう山に登れないんだぞ!
087
親の仇の如く混ぜ合わせて完了。
「山(やま)ってる」よね。この高さ。
ちなみにこれだけの量だとかき混ぜるのも結構一苦労である。
水分、野菜、が更に追加された分片手に持つと「ズシリ」とその重さが伝わってくる。
「ピークハンター」(登山用語で一番安全なルートをとりあえず頂上まで登る)で行きたい処だがどうやらこの山はそうさせてはくれない模様だ。
さぁ準備は整った。これからが本番である実食タイム、いや「アタック」開始だ!
付いてこいよ?!ヨーソロー!

「バリエーション・ルート」(通常ルートより困難な登路の意味)だが元々規格外な品だ。次第に悪路にもなるだろう。味はいつもの「ペヤング」だ。
そこに追加した「ウスターソース」が絡んでくる。美味し。

黙々と目の前の焼そばを見ながらだと視覚から満腹中枢が満たされてしまうので「景色を見ながら」登る事の気を紛らわせるアイテムとして俺は積んでいたアニメを見始める。今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 」だ。これを見ながらズビズバ食べ進める。

作品の方は「ソードアート・オンライン」の外伝で結構面白く「当り」作品だった。
いわゆる「サバゲー」や「FPS」ゲームに興味があればオススメだ。
「俺ツエー」な本編とは違い主人公がビビりながらも前に進む展開なので面白い。

ただ主人公であるヒロインが、かなりの金持ちなのが気に入らない。大学生の一人暮らしで高層マンションに一人で暮らし50インチ程のテレビはあるわ、飛行機はLCCじゃないわ、都内の移動はタクシーだわで背が高いコンプレックスとか金で紛らわせられるだろうに!と僻みつつリンク先にて無料で1話が見れるので気になった方はどうぞ。ズビズバー。
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00998/v01032/v0000000000000007670/
06
したよ、遭難。(倒置法)
・・・・山の半分以上まで頑張って登ったが右も左も解らねえ!
気がつくと辺りはもう真っ暗。
動けない・・・もう腹に入らない。
次第に味に飽きてきたのもあるが食べても食べても減らない。いや減ってるんだけどね。
苦しい・・・もうダメだ。
「ペヤング ソースやきそば超大盛」と同じ感じで挑んだ俺が甘かった。

登山での心得、慌てるな・・・落ち着くんだ。
とりあえず俺は今夜の所はビバークだ。ここをキャンプ地とするー(藤村D)
ペグ打ちしてテントを張るように残った焼そばをラップに包んで冷蔵庫へ。

押し寄せる後悔。
敗因は食べる前に炭酸飲料を飲んでいた事と事前に空腹度をもっと下げていなかった。
「野菜パック」も途中で野菜を継ぎ足しながら食った方が味の飽きも多少は防げたかもしれない。もう少し味を変化させる調味料を用意すれば良かったかもしれない。「たられば」ついでに「なぜ?の嵐(by吉沢秋絵)」ああ、これじゃ富士登山に携帯一つ持ってハイヒールと薄着で登ろうとするどこぞの馬鹿みたいだ。まさに同等。恥ずかしい。

「悔しい(悔しい)悔しい(悔しい)だがこれでいい!」
(アニメ逆境無頼カイジ 破戒録篇より抜粋)
明日になって天候が回復したらまた尾根を目指しアタックするつもりだ。
64
翌日になり1泊した俺は再び登山を開始した。
冷蔵庫から取り出し皿に移してレンジで温める。
食えなくはないが、麺は伸び味は確実に落ちていた。
少し「ウスターソース」を加え一応の完食。

だが、負けた。泣きながら下山。
無事に救出されても俺には誰も「一生ワールドカップ無料鑑賞権」なんてくれない。割引クーポン券さえも、だ。まぁ個人的にサッカー観戦券よりも映画無料観賞券の方が良いのだが。ああっ!おめーには「マクドナルド」携帯アプリのクーポン券がお似合いさ!と言われてる。言われ続ける!どこへ言っても!幻聴で。
(この間初めてマックで利用しました。バーコードが認識せずカウンターで俺凄くキョドりました。)

まだ早かった。山は恐ろしい。中に入ると一変で牙をむく。
俺には「超大盛り」の高さが似合ってるのかもしれない。
当分この山に入る事はないだろう。
もし再び入る時は今回の反省点を十分に活かした計画で挑まなければならない。
ヤマノススメ・・・登りたいヤツは止めないよ。だがこの山へ続く者たちへ俺からの伝言だ。
「山を舐めるな!」









「記録・・・それはいつも儚い。一つの記録は一瞬ののちに破られる運命を自ら持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンをいつも追い続ける。それが人間なのである。次の記録を作るのは、あなたかも知れない」(びっくり日本新記録ナレーションより)

ごめん、あと俺「ヤマノススメ」見た事ないの。すまん。