01続きを書く
この作品が好きだ。
当時から好みの分かれる漫画だと思うが俺は大好きなんだよね。
まずタイトルが良い。「宮本から君へ」だってさ。痺れるよ。

当時俺は高校生。
いわゆるリア充とは程遠い日々モヤモヤした灰色の青春を送っていた。
そんな俺の楽しみの一つに学校の帰りにある書店に寄るのが日課だった。(ちなみにもう一つはゲームセンター)平台に積まれたこの1巻(上記画像参照)を見つけタイトルに惹かれる様に購入したのを覚えている。

若手サラリーマンの宮本が恋に仕事に人間関係にと不器用に立ち向かっていく。
物語の上で幸せと不幸せが交互に展開し読者はなかなか気が休まらない。緩急激しいのだ。一難去ってまた一難、それでも宮本は熱く、泥臭く成長していく。

特に心に残っているのが4巻にて仕事に悪戦苦闘する宮本が放つ台詞で
「仕事くらい出来なきゃ駄目なんです 僕が女でも今の僕には惚れませんから」
いつも自身のない俺には効いた。現在の自分に自身があるのかと聞かれたらNOだ。だから今も響く台詞である。

そして第一話からは想像もつかない展開、足元に起こった小さな旋風は物語の終盤にとてつもない巨大な台風となってしまう・・・とでも表そうか。

別の漫画で「ボーイズ・オン・ザ・ラン」という同じ若いサラリーマンが奮戦する作品があるがモチーフになったのはこの「宮本から君へ」である。
「ボーイズ~」も勿論好きな作品ではあるが、個人的に熱量はこちらに軍配が上がる。
モブキャラまで人間描写が生々しいのは新井漫画の魅力の一つだ。
その熱は後の作品群である「ワールドイズマイン」等でも衰える事は無く続いてく。
「宮本から君へ」未見の方は是非読んで頂きたい。貴方の心に爪痕を残す作品かもしれない。俺はざっくり残ったよ。


そしてこの度実写ドラマ化してしまったのだ!正直不安だったけど、この「ドラマ24」枠は過去に漫画「アオイホノオ」の実写化に成功してる。原作のファンの俺も大満足する出来で、だ。

しかし今回はそうは行かないだろう。
昨今の日本映画の実写化された様を見ると「好きな原作マンガをまた汚されるのか」と不安と落胆で仕方がなかった。
それなのになぜ今「宮本から君へ」なのか?
様々な不安が入り混じりながら放映を見るとそこにはただのドラマ化ではなく原作を愛している制作陣の思いが形になっていた。
原作の再現という低いようで高いスタートラインを軽く越えての始まり。

まず主人公宮本役の演者さんをOPの表情で認めてしまった。
まさに実写化の名に相応しい出来栄え。
まだ安心は出来ない・・・しかしその思いも次から次へと排除されていく。
脇を固めるキャスト。
これまた再現度が素晴らしい。

もちろん原作のシーンの再現もなかなか。
セリフのテンポも自然で良し。
田島役の榎本氏の関西弁やほっしゃんの小田課長との絡みも違和感ない。
超サブキャラのミポタンの再現まで脱帽した。
ただヒロインの甲田美沙子だけは、まぁそれは各自で判断していただこう。
はたして1クールでどこまでドラマ化するのだろうか?
そこがまだ不安要素であるがこのドラマの方も気になれば是非ご覧になっていただきたい。